AGA治療薬プロペシアジェネリック「フィンサバ」についての解説

finsava-300x293

フィンサバは、メルク社より製造販売されているAGA治療薬です。

同じ製薬会社が出している薬で有効成分も同じ壮年性脱毛症の治療薬「プロペシア」がありますがフィンサバはプロペシアより低価格で入手できます。

フィンサバの有効成分はフィナステリドです。

これはプロペシアと同成分です。

これにより高い効果を期待してしまいがちです。

しかし、実際には濃度が高ければ効果が高く現れるといった報告はありません。

使用方法

フィンサバは1日1回決まった時間に服用をします。

AGAの原因として男性ホルモンのDHTが挙げられます。

このDHTは5αリダクターゼの分泌を増やしてしまい抜け毛の量を増やしてしまいますが、フィナステリドはこの5αリダクターゼの働きを抑制するのに役立ちます。

フィンサバはAGAの他に前立腺肥大症の治療に利用されている薬です。

副作用・注意点

フィンサバの副作用として、性欲減退、勃起不全、精子の減少、発疹、かゆみ、頭痛、腹痛、胃の不快感、肝機能障害、動悸、蕁麻疹があります。

注意点としてフィンサバはAGAに限り効果を現すので、円形脱毛症などによって進行していると思われる異状脱毛症に対しての効果は期待できません。

妊婦の方、妊娠中の方あるいは可能性のある方は、胎児の生殖器官へ異常をきたす恐れがあるので服用は不可です。

また、授乳中の女性も服用は控えて下さい。未成年の服用もできません。

これら注意点を熟知し1日の服用量には細心の注意をし安全に服用して下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ